03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

プロフィール

カテゴリ

ギャラリー

過去ログ +

タグリスト

お知らせ

・当ブログはリンクフリーです
・ジンクスIVの組み立て説明書はこちら
・ガンダムOOオートマトンペーパークラフト公開中!
・テスト先生の動画はこちら

go page top

スポンサードリンク

go page top

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

トラックバック: -- |  コメント: --
この記事に拍手する
go page top

その4 カートリッジ&本体下部を作る

第4回はカートリッジと本体下部の制作と上下接続を行います。
長い&写真多数のため続きに記載しました。

写真の管理が面倒くさいのなんのって。
テーブルタグの操作ミスで道連れにするし…
一太郎で作ってPDF変換した方が手軽かも。

DSiLL のモックを見ましたが、ありゃでけーよ。
でかい割にボタンが小さくてさらに微妙。
極太ペンは収納できないのね…知らなかった。
所詮は次世代への繋ぎか…goもね。
スポンサーサイト
-- 続きを読む

カテゴリ: DSiを作ろう

go page top

その3 上部を作る

第3回は本体上部を作ります。
文字が見にくいときはリンクで拡大してください。

2009-11-19-01.jpg2009-11-19-02.jpg 2009-11-19-03.jpg
1.上部内装パーツを切り抜きます
まだ赤指示部分は切り抜きません
2.印刷の矢印をまたぐ線が谷折りです
必ず先に蛇腹折りにして下さい
3.切り抜きを行います
スピーカー部は省略してもよいでしょう
カメラ部はそのまま
2009-11-19-04.jpg 2009-11-19-05.jpg 2009-11-19-06.jpg
4.圧迫してしっかり接着します
ズレに注意してください
5.スピーカーとディスプレイの埋め込み部品を切り取ります
6.ディスプレイはピンセットで摘んだ反対側の位置を決め全面を接着します
2009-11-19-07.jpg 2009-11-19-08.jpg 2009-11-19-09.jpg
7.上部外装部品をきりぬきます
側面3箇所は余白を残すと綺麗に折れます
切り抜きはまだです
8.ヒンジカバーに曲げ癖を付けます
9.最後に切り抜きを行うことで弱い部分が保護できます
カメラは省略してもOKです
2009-11-19-10.jpg 2009-11-19-11.jpg 2009-11-19-12.jpg
10.内装と側面を接着
下に合わせるのがコツ
(写真下矢印)
11.反対側を接着
上に合わせます
(写真上矢印)
12.軸が通るかチェックします


ヒンジ軸を一度曲げてしまうと強度が極端に落ちるので注意してください。
微調整してあるので、すんなり通ると思いますが。
説明って難しいですね。それでは次回に続く。

カテゴリ: DSiを作ろう

go page top

その2 スタイラスを作る

2回目はスタイラスの作成です。
5まではヒンジ軸と同じ手順にですが、細くなるので難しくなります。

2009-11-17-02.jpg 2009-11-17-03.jpg
1.切り出し2.癖付け3.芯を折る
2009-11-17-04.jpg 2009-11-17-05.jpg 2009-11-17-06.jpg
4.接着準備5.接着(径1.0mm強)6.取っ手の切り出し
2009-11-17-07.jpg2009-11-17-08.jpg2009-11-17-09.jpg
7.癖付け。小さく丸める必要はありません

8.開いて.端を接着します。しっかり乾燥させましょう
9. 取っ手部を本体に巻き付けます。密着するように数回転させましょう

軸とスタイラスがこのペーパークラフトで一番難しい部品です。
力加減を間違うとうまく丸められません。予備部品や切れ端でコツを掴んでください。
相変わらずの短さですが、次回に続く。

カテゴリ: DSiを作ろう

go page top

その1 ヒンジの軸を作る

初回はヒンジの軸をを作ります

2009-11-15-01.jpg 2009-11-15-02.jpg
1.切り出します
 
2.爪楊枝などで曲げ癖を
 付けます
2009-11-15-03.jpg 2009-11-15-04.jpg
3.片側を1mm位折り曲げます
 その部分を芯にして、さらに
 細く丸めます
4.下+矢印方向に数回、
 力を加えて隙間をなくします
 
 
2009-11-15-05.jpg  
5.一度開いて内側に接着剤を薄く塗ります
 4の要領で接着したら繰り返して密度を上げます


直径は約1.5mm弱になります。
軸を最初に作るとしっかり乾燥できるので後の行程が楽になります。

解説が少なくて申し訳ありません。次回へ続く。

カテゴリ: DSiを作ろう

go page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。